セクション活動

グロービスのクラス(セクション活動)
  • オリエンテーション
  • 入学式
  • 学年活動
  • クラブ活動
  • セミナー
  • 学長セッション
  • あすか会議
  • 振り返りセッション
  • 卒業式
  •  

東京校

学んだリーダーシップを発揮する実践の場

東京校の学生生活の醍醐味の一つはセクション活動です。学生数の多い東京校では、学生を40人程度のセクションという単位に分け、学生の人的ネットワーク構築を促す仕組みがあります。それぞれのセクションでは、「志」を共有する場や勉強会、懇親会など様々なイベントが開催されます。

結成直後のセクションでリーダーを務めた私は、積極的に活動を推進していきましたが、バックグラウンドの異なる多様な価値観を持つ学生たちを、対等な関係の中で巻き込んでいくのはとても難しく、授業で学ぶリーダーシップの考え方を実践する場として非常に有益だったと感じています。「役職や権限がないフラットな組織をどのように動かしていけばよいのか?」について自問自答を繰り返し、周囲のために試行錯誤しながら動いていく中で、徐々に多くの仲間の協力が得られるようになっていきました。この経験は、リーダーとしての考え方を大きく変えてくれたと思います。

また、多くのメンバーを巻き込んで何かを創り上げていくプロセスを通し、授業を共にするだけでは築くことが難しい強固な絆で結ばれた仲間を得ることができました。仕事を続けながらの学生生活は、学び続けられるか不安に感じることが多いものです。そんな時、前に進む力を与えてくれるのは、セクションの仲間の存在です。お互いが励まし合い、成長を促し合う仲間は、グロービスで学ぶことで得た生涯の財産です。

倉辺 喜之さん

倉辺 喜之さん
2015年卒業

大阪校

縦横無尽の交流~「クラス」「学年」の枠を超えて

大阪校では、学生同士の距離が近く、卒業生・在校生が「クラス」「学年」の枠を超えて、縦横無尽に交流しており、それが魅力のひとつとなっています。

例えば、フットサルチームのように趣味を通して交流する活動もあれば、学生仲間で起業しビジネス誌に取り上げられるといった「創造と変革」に向けて邁進されている活動も、学生同士の交流から生まれています。もちろん、卒業生や在校生とのネットワークからビジネスが生まれた例も数多く存在します。

私自身、2012年に先輩在校生が設立したNPO団体に所属しています。「あるひとつの想い」に共感し集まった仲間たちとの交流を通じ、自らが成長し続けることはもちろんですが、より多くの仲間を見つけてこの活動を広げていきたい、もっと社会に貢献したいという考えが強まるという自身の変化を感じています。

大阪校には、このようにクラブ活動だけではなく、それぞれ個人のニーズやライフスタイルに応じて参加できる活動が数多く存在します。こうした活動に参加することで、数多くの出会いが生まれ、そこから多くの学びや気付きが得られます。

縦横無尽に交流でき、ユーモアのセンスを持って楽しみながらお互いの成長を促す関係を築くことができる大阪校。こんな魅力的で刺激的な大阪校が、私はとても大好きです。

宮田 由賀さん

宮田 由賀さん
2013年入学

名古屋校

「真剣」から生まれる深い絆

名古屋校は、東京校や大阪校と比べ、互いに顔が見えやすく、その分強い関係を築けることが特徴です。エネルギー溢れ、様々な価値観・経験を持って集まった学生同士が、瞬く間に打ち解けていきます。

また伝統的に、同期の横のつながりだけでなく、学年を超えた縦のつながりが非常に強いことも名古屋校の魅力の一つです。在校生が毎年企画する大忘年会では、グロービス経営大学院の卒業生、在校生、単科生、そしてグロービス・マネジメント・スクールの受講生の区別なく集まり交流を深めます。また、2013年は在校生・卒業生が企画委員となり、ビジネスカンファレンス「大名古屋サミット」を開催されました。

名古屋校のあらゆる課外活動に共通することは、取組みが全て「真剣」であるということです。学びもアクティビティ(遊び)も全て「真剣」に追求する。だからこそ率直な意見が交わされ、心が通い合うようになり、学生同士の深い絆が生まれるのです。こうした絆があるからこそ授業でのディスカッションも毎回白熱し、互いの学びが深まります。こうした良い循環が「創造と変革の志士」の切磋琢磨を促し、自らを高めようという気持ちを醸成し続けてくれるのだと思います。

辻村 尚史さん

辻村 尚史さん
2016年卒業

仙台校

「東北発のリーダー」を生み出す場

2013年4月に本科生が入学した仙台校は、「諦めずに行動を続ける“粘り強さ”」と、「お互いに支援し合える“優しさ”」を兼ね備えた東北らしい空気が流れるキャンパスです。

その仙台校では、学生たちが自主的に起ちあげた「七夕会議」というビジネスカンファレンスを開催しています。この会議は、各界リーダーとのディスカッションを通じ、集まった各々が自分の果たすべき役割や志を自覚することで、仙台校から「東北発のリーダー」を生み出す場として誕生したものです。昨年、私は実行委員長として参加し、仙台校の仲間たちと企画運営を推進しました。終了後、参加された方々から多くの感謝の言葉をいただいたのですが、これは私ひとりの力ではなく、“粘り強さ”と“優しさ”を兼ね備えた仲間たちに支えられた結果だと感じています。

この企画以外にも被災地復興の現場で活躍する仲間へのサポートやグロービスの先輩たちが携わっている「MIGAKI-ICHIGOスパークリングワイン」の販促活動への参加など様々な活動を、同級生同士で支え合う活動を継続的に進めています。

仙台校には、社会問題に対してエネルギーを持って解決しようとチャレンジを続ける仲間が集まっています。自分の悩みを投げかけると、必ず誰かから支援の手が差し伸べられ、前へ進む勇気が沸々と湧いてくるのです。今後、「東北発のリーダー」となる仲間たちと共に、仙台校を日本全国への、そして世界へのチャレンジが生まれる起点にしていきたいと考えています。

畠山 学さん

畠山 学さん
2015年卒業

セクション活動 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネス・リーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。