大学院開学とGDBAの位置づけ 大学院概要

大学院開学とGDBAの位置づけ

大学院開学とGDBAの位置づけ

グロービスでは、GDBAプログラムとMBAプログラムは同水準のプログラムであると認識しています。
以下は、グロービス経営大学院が開学した2006年4月に学長の堀が発信したメッセージです。

「グロービスオリジナルMBAプログラムGDBAとグロービス経営大学院のMBA」

グロービスのオリジナルMBAプログラムであるGDBA(Graduate Diploma in Business Administration)は、2003年4月に東京で1期生の学生が集い、翌年4月に大阪でもスタートし、来年4月には名古屋でもスタートする予定です。これら実績をもとに、 2005年12月5日に、グロービスは文部科学省より大学院大学の設置認可を受け、翌年4月より経営大学院としてMBA生を受け入れることになりました。

グロービスは、このオリジナルMBAプログラムGDBA(非学位※)とグロービス経営大学院のMBAプログラムとは、入学審査、カリキュラム内容、教員陣の質、取得単位数などアカデミックな側面で、ほぼ同水準にあるものと認識しています。大きな違いは、MBAプログラムは学校教育法上の学位が発行されますが、GDBAは学位の対象とはならない点です。

また、グロービスではGDBA・MBAプログラムの卒業生・修了生双方のための同一のアルムナイ組織「GMBA」を組成することにいたしました。基本的には、東京で2003年4月入学・進学したGDBA生をGMBA1期生として考えており、2006年4月期に入学する学生は、GDBA、MBAに拘わらず、GMBA2006期生(4期生)として区別無く、卒業後もサポートをしていく所存です。(大阪では2004年入学が1期生で、2006 年4月入学が3期生となります)

グロービスの歴史は、1992年に単科目の学校として始まり、2003年4月から始まるGDBAプログラムで新たな時代を迎え、そして2006年4月の経営大学院化により更なる進化を遂げています。

グロービスは、GDBA生・MBA生には、教育理念である「創造と変革の志士の育成」の精神にのっとり、最善の学びの場を提供してきたと自負しております。今後ともグロービスの修了生・卒業生に温かいご支援・ご鞭撻をお願い申しあげます。

2006年4月吉日
グロービス・マネジメント・スクール代表
グロービス経営大学院 学長
堀義人

大学院開学とGDBAの位置づけ 大学院概要 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネス・リーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。