大川拓洋さん 評判・学生の声(オンラインMBA)

オンラインMBA

素晴らしい仲間と学ぶことで変わっていく実感がある。

株式会社ベットワーク

代表取締役 獣医師
グロービス経営大学院オンラインMBAプログラム 2016年入学 在学中

大川拓洋さん Okawa Takumi

※2016年11月掲載

大川拓洋さんがMBA取得を考え始めたきっかけや動機は何でしょうか?

勢いと情熱のみで会社を設立し、事業に失敗。
 「志」を実現するための強く魅力的な会社をいくつもつくり上げたいと思ったことがきっかけです。
 以前から会社の経営を学びたいとは考えていましたが、きちんと経営を学ばなくても、自分なら勢いと勘、情熱でうまくいくと思い込んでいました。その勢いと情熱のみで会社を設立し、事業を行っていたのです。
 はじめのうちは何となくうまくいっているように感じていましたが、勢いにまかせて進めた事業(2店舗目の出店)は、自分の経営能力、人間力の不足によって失敗してしまい、私個人としても会社としても苦境に立たされました。その時、経営者の背骨と言える「志」「知識」、「人脈」が不足していることを痛感しました。そして、どうにかして会社を立て直し、自らの「志」を達成できる強く魅力的な会社をつくりたいと考えたのです。
 それまで、経営資源であるヒト・モノ・カネについては何となく断片的な知識がある程度で、おぼろげなものだったため、経営を一から系統立てて学ぶ必要がありました。そして、「自分には何ができるのか」「経営することで何を実現したいのか」といった問いに答えるため、「志」を醸成することが重要だと考え、MBAの取得を考え始めたのです。

なぜグロービスのオンラインMBAを選択されたのでしょうか?

日本中、世界中に仲間をつくることができる。

 目標を達成するには、MBA取得が必要だと感じたこと、そして経営について本気で議論できる仲間を世界中に欲しい、と思ったためです。
 私は、現在の「志」である「人類の健康・幸せに貢献すること」を念頭に、「世界規模の人医療分野に貢献できるサービス・製品を10 年以内(私が40歳になるまで)に生み出すこと」を目標として、挑戦し続けています。しかし、前述の事業での失敗を経験したことで、この志・目標を達成するためには、今の私の経験、ビジネスに関する知識、スキル、思考能力、人脈、マインドなどの全ての要素において、圧倒的に力不足だとわかったのです。この不足部分を補うためには、MBAを取得する過程が最短かつ最適なものであると考えました。
 さらにグロービスのオンラインMBAプログラムでは、日本中さらには全世界に、「志」のある仲間をつくることができます。様々な経営課題について本気で議論したり、自らを変化させたりする機会を得るため、グロービスを選択したのです。

グロービスのオンラインMBAで学ぶ魅力は何でしょうか?

国内はもちろん、世界各国から集まった多様な学生から得る気づき。
 魅力はたくさんありますが、その中でも特に大きいのは、毎回のクラスでの新しい気づき、考え方に触れられること、そして通学時間がかからないことです。
グロービスのオンラインクラスは、知識を詰め込むものではなく、学生同士で議論しながら学びを深めていくスタイルで進行します。そのため、クラスメイトから学ぶことが非常に多くあります。
 また、学生は国内のみならず、シンガポールやアメリカ、アラブ首長国連邦など世界各国から集まっています。職業や立場、考え方や価値観、これまでの人生の軌跡などが多種多様なため、毎回クラスで様々な角度からの議論となり、多くの気づきがあります。
こうしたバックグランドの多彩さはあっても、その全員が、何かしらの課題解決を目的として経営を学ぼうとしているため、議論はビジネスの現場そのもの。そのため、自らが今抱えている仕事上の課題を本気で仲間に相談できるのも魅力の1つです。
 PCを立ち上げるだけで、世界中にいる素晴らしい仲間や教員にすぐに会えます。通学時間も必要なく、その時間を学びに有効活用できます。また、クラス外の時間にも、コミュニケーションツールを使用して議論することで学びを深めることができるのも大きな魅力です。

学びをスタートするにあたっての懸念点をどのように解消されましたか?

通学時間のかからないオンラインクラスと長期履修制度で時間問題を解消。
 正直に言うと、グロービスのスタッフの皆さんの対応が素晴らしく、受講をスタートするにあたって心配な点はほとんどありませんでした。しいて挙げるならば、予習・復習を含めた学習時間を本当に確保できるのか、学費を支払うことができるのか、MBAを取得することで本当に自分は変われるのか、という3点であったと思います。
 学習時間の不安については、オンライン受講であったため、職場や自宅でクラスを受講し、通学時間がかからなかったこと、長期履修制度を使用した3年間での修了を目指し、十分にクラスを消化できる体制が整ったことで解消しました。
 学費に関して私は、広島県の人材育成支援制度を利用することで、自己負担額を減らすことができています。それでも自己負担はもちろんありますので、支払った分頑張ろうと思うモチベーションにもつながっています。
 最後に、MBA取得の意味合いについての不安ですが、MBAを取得したからといって何かが変わり、経営課題が解決するわけではないと思っています。まだグロービスで学び始めて1年目の身ではありますが、仲間たちと共に学ぶことに刺激を受け行動に移す機会が増え、その結果、自分が変わり始めていると実感しています。今では、MBA取得はあくまで「志」を実現するための手段にすぎないと考えるようになりました。

学び始めた後、仕事に対する姿勢や進め方に関して何か変化はありましたか?

様々な意思決定に対して迷いやブレがなくなってきた。

 自らの「志」や価値観と深く向き合うようになったこと。そして、日々発生する経営課題に対してロジカルに思考で対処するようになったことが挙げられます。
クラスで多くの学びを得るには、予習・復習にそれなりの時間を割かねばなりません。その都度、「なぜ自分はMBAのためにこんなに時間をかけているのだろう、理由は何だっただろうか」と考えます。そうすると、毎回「自分の志は何か」「目標は何か」という問いが立ち、そのたびに自らの志、目標を深く振り返ることになりました。結果、様々な意思決定に対して、少しずつですが迷いやブレがなくなってきています。
 経営をしていると、日々課題が溢れてきます。今までは、大雑把な勘で課題解決しようとしてきました。しかし、グロービスで学び始め、感覚のような定性面だけでなく定量的な分析も踏まえて意思決定ができるようになってきたのではないかと思います。うまくいかないこともまだまだたくさんありますが、まだ学びの途上、これからさらにビジネスの定石を学び、経営に活かしていきたいと思っています。

グロービスのオンラインMBAで学ぶことを考えている皆さんにメッセージをお願いします。

素晴らしい仲間と学ぶことで変わっていく実感がある。
 社会において何か解決したい課題や達成したい目標がご自身にあり、会社を成長させたいと強く思い、そこにビジネスのスキルが求められるのであれば、すぐにでもグロービスに飛び込むことをお勧めします。まずは、体験クラスや単科生制度を利用し、雰囲気を感じてみてください。
 もちろん、私もまだ1年目で何かこれといった明確な成果を出しているわけでもありませんが、向上心あふれる素晴らしい仲間と学ぶことで、自分の考え方、行動が少しずつよい方向に変わっていく実感があります。学びをさらに深めていくことで、自らの「志」を醸成することができ、目標に近づいていけるのではないかと思っています。
 皆さんとオンラインクラスで、真剣に議論できる日を楽しみにしています。
大川拓洋さん ● Okawa Takumi

 グロービス経営大学院オンラインMBAプログラム2016年入学、在学中。山口大学農学部獣医学科卒業後、動物病院で働く中で動物医療の課題を感じ、株式会社を設立。動物の皮膚や耳の症状に特化した動物病院「どうぶつ皮膚・耳・鼻クリニックAudrey」を運営している。現在グロービスでの学びを活かしながら新しい事業の形を模索している。

大川拓洋さん 評判・学生の声(オンラインMBA) のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネス・リーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。