リスクマネジメントと企業価値講座

リスクマネジメントと企業価値

「リスクマネジメントと企業価値」のページです。 グロービス経営大学院では、「リスクマネジメントと企業価値」をはじめ様々なカリキュラムを提供しております。 グロービスのカリキュラムでは経営能力の体系的な修得のみならず、「創造と変革」を担うビジネス・リーダーにふさわしい「人間力」と「志」を育むことに力を入れています。

  • カリキュラムの概要
  • クラスへのこだわり
  • カリキュラムマップ
  • 科目詳細

リスクマネジメントと企業価値 講座詳細

  • 科目概要/各回のテーマ/教科書・参考書
  • 教員紹介
展開科目 科目領域:特別講座 1.0単位 レポート提出:DAY4 全4回 グループワークあり クラス定員:40名 クラススタイル:ワークショップ

開講スケジュールはこちら科目概要

授業風景 昨今の経営を取り巻く環境は、地政学的リスクの拡大、金融政策に伴う為替の変動、資金調達環境の変化、原料価格の変動、各国規制当局の方針、IT化の促進、など、より広義の「リスク」の影響を大きく受けつつあります。
では、我々は経営者として、このような「事業リスク」というものをどのようなスコープで捉え、どう対応すればいいのでしょうか?その視野の持ち方や経営者としてのマインドセットのあり方、具体的な対策のあり方などについての考察を深めていきます。
また、クラスの後半では、具体的な業界をいくつか取り上げ、業界のさらされている事業環境リスクや各社のリスク対応アプローチの差を市場投資家がどのように業界各社の企業価値評価に織り込むのか、をワークショップ形式で分析・発表いただき議論します。これらを通じて経営者のリスクマネジメントおよび対市場コミュニケーションの重要性を体感していただきます。

※科目の特性上、振替や休学制度のご利用には制限がございます。
※オンラインMBAで開講する場合、90分×8回でクラスを実施します(使用教材や授業内容は同一です)。本ページ下部の「セッションA・B」をそれぞれ1回の「Day」と読み替え、全8回のテーマや使用教材をご確認ください。

受講対象者

経営を取り巻く「リスク」に対して、リアリティを持って考えられている方、もしくは今後考える必要性があると実感している方を主な対象とします。また、企業価値を取り扱う科目のため、ファイナンスに関するリテラシーは前提となります。

各回のテーマとケース

1日目

セッション A
テーマ
リスクの定義と構造的変化、リスクと変化適応力
ケース

セッション B
テーマ
リスクマネジメントの「型」の構築、体系的なリスクの洗い出しと評価
ケース


2日目

セッション A
テーマ
リスクマネジメントと企業価値:概論
ケース

セッション B
テーマ
業界分析プレゼンテーション
ケース


教科書
変化の時代、変わる力――続・経営思考の「補助線」 御立尚資(著)
日本経済新聞出版社(出版)
参考書
ジオエコノミクスの世紀 御立尚資(著)
日本経済新聞出版社(出版)
経営思考の「補助線」 御立尚資(著)
日本経済新聞出版社(出版)
戦略「脳」を鍛える 御立尚資(著)
東洋経済新報社(出版)
バリュエーションの教科書 第9章 リスクマネジメントをオプションでとらえる 森生明(著)
東洋経済新報社(出版)
会社の値段 森生明(著)
ちくま書房(出版)
コーポレート・ファイナンス 第10版 下巻 第8部「リスク管理」 日経BP社 2014年
リチャード・A・ブリーリー、スチュワート・C・マイヤーズ、フランクリン・アレン(著)
藤井眞理子、國枝繁樹(監訳)
  • 科目概要/各回のテーマ/教科書・参考書
  • 教員紹介
  • カリキュラムの概要
  • クラスへのこだわり
  • カリキュラムマップ
  • 科目詳細

リスクマネジメントと企業価値講座 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネス・リーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。