変革のリーダーシップ講座

変革のリーダーシップ

「変革のリーダーシップ」のページです。 グロービス経営大学院では、「変革のリーダーシップ」をはじめ様々なカリキュラムを提供しております。 グロービスのカリキュラムでは経営能力の体系的な修得のみならず、「創造と変革」を担うビジネス・リーダーにふさわしい「人間力」と「志」を育むことに力を入れています。

  • カリキュラムの概要
  • クラスへのこだわり
  • カリキュラムマップ
  • 科目詳細

変革のリーダーシップ 講座詳細

  • 科目概要/各回のテーマ/教科書・参考書
  • 教員紹介
展開科目 科目領域:特別講座 1.0単位 全4回 グループワークあり クラス定員:35名 クラススタイル:ケースメソッド

開講スケジュールはこちら科目概要

授業風景(変革のリーダーシップ) 変革の必要性に迫られた企業の意思決定とはどのように行われるのか。リーダーたるものそこではどのような振る舞いが要求されるのか。これまでの履修内容を総動員し、変革の実行可能性、事業や人間性の本質について深い理解を狙っていきます。実際に産業再生機構で扱った企業事例を用いて、再生の現場では何が起こり、どのような意思決定がなされ、リーダーはいかに行動し、極限状態での戦略判断を下すべきかを学びます。
前半では受講生自ら当時の経営陣に扮したロールプレイ・セッションも取り入れ、危機に直面した企業での意思決定を再現・追体験します。後半では、再生戦略と実行計画をグループ毎に立案し、プレゼンテーションを行います。

※科目の特性上、振替や休学制度のご利用には制限がございます。
※オンラインMBAで開講する場合、90分×8回でクラスを実施します(使用教材や授業内容は同一です)。本ページ下部の「セッションA・B」をそれぞれ1回の「Day」と読み替え、全8回のテーマや使用教材をご確認ください。

受講対象者

将来経営陣として企業の方向性を見極め、変革を実行に移す方を対象にしています。社員を抱え、会社の存亡を背負う立場での意思決定を迫られた時、ご自身の価値観はいかなるものか、改めて考える機会を提供します。

各回のテーマとケース

1日目

セッション A
テーマ
経営者の意思決定(前半)
ケース
資料:カネボウ 1990年
資料:カネボウ 1995年(当日配布)
セッション B
テーマ
経営者の意思決定(後半)
ケース
資料:カネボウ 1990年
資料:カネボウ 1995年(当日配布)

2日目

セッション A
テーマ
再生戦略を立案する(前半)
ケース
資料:カネボウ化粧品
セッション B
テーマ
再生戦略を立案する(後半)
ケース
資料:カネボウ化粧品

教科書
指定教科書なし
参考書
君主論 ニッコロ・マキアヴェッリ(著)佐々木毅(翻訳)
講談社学術文庫(出版)
または、

君主論
----------------------
河島英昭(翻訳)
岩波文庫(出版)
または、

新訳 君主論
----------------------
池田廉(翻訳)
中公文庫BIBLIO(出版)
後世への最大遺物・デンマルク国の話 内村鑑三(著)
岩波文庫(出版)
  • 科目概要/各回のテーマ/教科書・参考書
  • 教員紹介
  • カリキュラムの概要
  • クラスへのこだわり
  • カリキュラムマップ
  • 科目詳細

変革のリーダーシップ講座 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネス・リーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。