インダストリー4.0講座

インダストリー4.0

「インダストリー4.0」のページです。 グロービス経営大学院では、「インダストリー4.0」をはじめ様々なカリキュラムを提供しております。 グロービスのカリキュラムでは経営能力の体系的な修得のみならず、「創造と変革」を担うビジネス・リーダーにふさわしい「人間力」と「志」を育むことに力を入れています。

  • カリキュラムの概要
  • クラスへのこだわり
  • カリキュラムマップ
  • 科目詳細

インダストリー4.0 講座詳細

  • 科目概要/各回のテーマ/教科書・参考書
  • 教員紹介
展開科目 科目領域:特別講座 1.0単位 レポート提出:DAY4 全4回 グループワークあり クラス定員:25名 クラススタイル:ケースメソッド

開講スケジュールはこちら科目概要

授業風景 インダストリー4.0とは、機械化、量産化、自動化に続く第4次の産業革命です。ドイツが国家戦略として2011年に掲げ、アメリカや日本でも将来を見据えた様々な取り組みがなされています(アメリカでは「インダストリアル・インターネット」)。インダストリー4.0の目指すところは、製造業における「異次元の見える化」と「圧倒的な機動力」を実現することで、効率と価値を同時に最大化することです。本クラスでは、インダストリー4.0やIoTの現在と将来展望について、レクチャーおよびケースを用いて議論を行います。欧米の事例に加え、日本企業の事例も扱います。また、製造業だけに留まらず、物流分野や農業分野におけるIoTの活用についても触れます。

※科目の特性上、振替や休学制度のご利用には制限がございます。
※オンラインMBAで開講する場合、90分×8回でクラスを実施します(使用教材や授業内容は同一です)。本ページ下部の「セッションA・B」をそれぞれ1回の「Day」と読み替え、全8回のテーマや使用教材をご確認ください。

受講対象者

リーダーとして活躍される方、特に、インダストリー4.0やインダストリアルインターネットといわれる、IoTを用いた新たな産業革命のインパクトついて、興味や実務上の問題意識を強く持たれている方。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A
テーマ
インダストリー4.0とは
ケース
(インタラクティブレクチャー)
セッション B
テーマ
インダストリー4.0概論
ケース
フォルクス・ワーゲン(仮)

Day2

セッション A
テーマ
スマート工場
ケース
シーメンス(仮)
セッション B
テーマ
ロボットのインテリジェント化
ケース
ファナック(仮)


Day3

セッション A
テーマ
日本型インダストリー4.0
ケース
(インタラクティブレクチャー)
セッション B
テーマ
マスカスタマイゼーション
ケース
ミスミ(仮)
アイオー精密(仮)
由紀精密(仮)

Day4

セッション A
テーマ
グループ課題の発表
ケース

セッション B
テーマ
グループ課題の発表
ケース


教科書
日本型インダストリー4.0 長島聡(著) 
日本経済新聞社(出版)
参考書
指定参考書なし
  • 科目概要/各回のテーマ/教科書・参考書
  • 教員紹介
  • カリキュラムの概要
  • クラスへのこだわり
  • カリキュラムマップ
  • 科目詳細

インダストリー4.0講座 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネス・リーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。