グローバル・パースペクティブ講座

グローバル・パースペクティブ

「グローバル・パースペクティブ」のページです。 グロービス経営大学院では、「グローバル・パースペクティブ」をはじめ様々なカリキュラムを提供しております。 グロービスのカリキュラムでは経営能力の体系的な修得のみならず、「創造と変革」を担うビジネス・リーダーにふさわしい「人間力」と「志」を育むことに力を入れています。

  • カリキュラムの概要
  • クラスへのこだわり
  • カリキュラムマップ
  • 科目詳細

グローバル・パースペクティブ 講座詳細

  • 科目概要/各回のテーマ/教科書・参考書
  • 教員紹介
展開科目 科目領域:Japan/Asia/Global 1.5単位 レポート提出:DAY4 全6回 クラス定員:35名 クラススタイル:ケースメソッド

開講スケジュールはこちら科目概要

授業風景(GP) 国境を越えたグローバルな活動が加速する現代、世界で通用するリーダーに必要な能力として「国際的視野」への注目が高まっています。グロービスでは国際的視野を「世界次元で事象を捉え、当事者として考える力」と定義し、次の三つの構成要素からなると考えています。
(1)世界情勢を正確に捉えるマクロ視点 
(2)世界の中の自国・自社・自分を客観的に認識する力 
(3)過去・現在の事象から将来を類推する力

本科目では企業が戦略を立案・実行する上で必要となる「国際的視野」を、政治・経済・社会などのマクロ環境の分析を通じて養います。
「国際的視野」というと、際限のない知識を身につける必要があると思われるかもしれませんが、本科目の目的は、自己の認識を相対化し、世界情勢とその変化を捉えていく方法を身につけることにあります。そのため、本科目のケースでは、当事者として国や国際機関のリーダーを取り上げています。

※オンラインMBAで開講する場合、90分×12回でクラスを実施します(使用教材や授業内容は同一です)。本ページ下部の「セッションA・B」をそれぞれ1回の「Day」と読み替え、全12回のテーマや使用教材をご確認ください。

受講対象者

世界で通用するリーダーに必要な「国際的視野」を習得すると同時に、リーダーとしてビジネスに必要な領域にアンテナを張り続ける組織を創り上げていきたいと考えている方を主な対象とします。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A
テーマ
環境分析のフレームワーク
ケース
シンガポール
セッション B
テーマ
マクロ経済の基礎
ケース
2001年米国:マクロ経済政策とニューエコノミー

Day2

セッション A
テーマ
国家構造の基本要素(前半)
ケース
国家の建設:アメリカ合衆国とその憲法、1763年~1792年
セッション B
テーマ
国家構造の基本要素(後半)
ケース
ロシア:動乱の時代は終わったか?


Day3

セッション A
テーマ
新興国の成長戦略(前半)
ケース
21世紀に向かう中国
セッション B
テーマ
新興国の成長戦略(後半)
ケース
発展するインド

Day4

セッション A
テーマ
地域経済統合、新興国の国家戦略
ケース
ブラジル:グローバル化を受け入れているか
セッション B
テーマ
地域経済統合
ケース
欧州連合:リスボンへの道のり


Day5

セッション A
テーマ
中近東とアフリカの課題(前半)
ケース
サウジアラビア:国内の統制
セッション B
テーマ
中近東とアフリカの課題(後半)
ケース
対外直接投資と南アフリカ

Day6

セッション A
テーマ
課題先進国としての日本(前半)
ケース
2010年の日本:失われた年月
セッション B
テーマ
グローバル・チャレンジ
ケース
第5回終了後のメーリングリストおよび第5回の配布資料にて、指示があります。

教科書
指定教科書なし
参考書
マンキュー経済学[第2版]Ⅱマクロ編 N・グレゴリー・マンキュー(著)
東洋経済新報社(出版)
  • 科目概要/各回のテーマ/教科書・参考書
  • 教員紹介
  • カリキュラムの概要
  • クラスへのこだわり
  • カリキュラムマップ
  • 科目詳細

グローバル・パースペクティブ講座 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネス・リーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。