日本・アジア企業のグローバル化戦略講座

日本・アジア企業のグローバル化戦略

「日本・アジア企業のグローバル化戦略」のページです。 グロービス経営大学院では、「日本・アジア企業のグローバル化戦略」をはじめ様々なカリキュラムを提供しております。 グロービスのカリキュラムでは経営能力の体系的な修得のみならず、「創造と変革」を担うビジネス・リーダーにふさわしい「人間力」と「志」を育むことに力を入れています。

  • カリキュラムの概要
  • クラスへのこだわり
  • カリキュラムマップ
  • 科目詳細

日本・アジア企業のグローバル化戦略 講座詳細

  • 科目概要/各回のテーマ/教科書・参考書
  • 教員紹介
展開科目 科目領域:Japan/Asia/Global 1.5単位 レポート提出:DAY4 全6回 クラス定員:35名 クラススタイル:ケースメソッド

開講スケジュールはこちら科目概要

授業風景(日本・アジア企業のグローバル化戦略) 本科目では、一般的なグローバル戦略のあり方についての理解を深めつつ、最終的には、日本・アジア企業がグローバル化する際に考慮すべき要素を学びます。
また、国や産業サイクル毎に生じる違いについても理解を深め、日本・アジア企業の固有性や文化を踏まえて、日本・アジア企業らしいグローバル戦略のあり方は何かといった点についても触れていきます。旬なテーマでもありますので、数多くの演習をすることを目指し、12企業(ケース)をカバーします。

※オンラインMBAで開講する場合、90分×12回でクラスを実施します(使用教材や授業内容は同一です)。本ページ下部の「セッションA・B」をそれぞれ1回の「Day」と読み替え、全12回のテーマや使用教材をご確認ください。

受講対象者

企業や事業のグローバル化について戦略を立案する立場にある人、もしくはこれからそのような立場に立つ人を主な対象とします。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A
テーマ
日本企業とアメリカ企業のグローバル競争(前半)
ケース
キャタピラー・トラクター
セッション B
テーマ
日本企業とアメリカ企業のグローバル競争(後半)
ケース
小松製作所

Day2

セッション A
テーマ
グローバル経営における競争優位(前半)
ケース
サムスン電子
セッション B
テーマ
グローバル経営における競争優位(後半)
ケース
フィリップスvs松下電器:熾烈な競争は続く


Day3

セッション A
テーマ
サービス業におけるグローバル化(前半)
ケース
カルフールのアジア展開
セッション B
テーマ
サービス業におけるグローバル化(後半)
ケース
無印良品(B)日本発グローバルブランドの挑戦

Day4

セッション A
テーマ
新興企業におけるグローバル化戦略(製造業)
ケース
ビジオ社
セッション B
テーマ
新興企業におけるグローバル化戦略(非製造業)
ケース
グロービス


Day5

セッション A
テーマ
国家黎明期におけるグローバル化戦略(前半)
ケース
岩崎弥太郎:三菱の創業
セッション B
テーマ
国家黎明期におけるグローバル化戦略(後半)
ケース
タタ財閥:買収を通じたグローバル企業の足跡

Day6

セッション A
テーマ
これからのグローバル化のチャレンジ(前半)
ケース
インドにおけるユニリーバ:ヒンダスタン・リーバのプロジェクト・シャクティ―日用消費財の農村部への市場展開
セッション B
テーマ
これからのグローバル化のチャレンジ(後半)
ケース
トヨタ:アクセルペダル問題による危機

教科書
指定教科書なし
参考書
指定参考書なし
  • 科目概要/各回のテーマ/教科書・参考書
  • 教員紹介
  • カリキュラムの概要
  • クラスへのこだわり
  • カリキュラムマップ
  • 科目詳細

日本・アジア企業のグローバル化戦略講座 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネス・リーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。