ファイナンスI(事業戦略と企業財務)講座

ファイナンスI(事業戦略と企業財務)

「ファイナンスI(事業戦略と企業財務)」のページです。 グロービス経営大学院では、「ファイナンスI(事業戦略と企業財務)」をはじめ様々なカリキュラムを提供しております。 グロービスのカリキュラムでは経営能力の体系的な修得のみならず、「創造と変革」を担うビジネス・リーダーにふさわしい「人間力」と「志」を育むことに力を入れています。

  • カリキュラムの概要
  • クラスへのこだわり
  • カリキュラムマップ
  • 科目詳細

ファイナンスI(事業戦略と企業財務) 講座詳細

  • 科目概要/各回のテーマ/教科書・参考書
  • 教員紹介
基本科目(基礎) 科目領域:会計・財務 必修科目 1.5単位 単科生受講対象科目 レポート提出:DAY4 全6回 クラス定員:35名 クラススタイル:ケースメソッド

開講スケジュールはこちら科目概要

授業風景(ファイナンスI) この科目は、ケースを通じた疑似体験を重ねることでファイナンス理論の修得を目指します。具体的にまずは予測財務諸表の作成や増分キャッシュフロー分析を通じて事業活動の定量化や投資判断を行います。次に、企業買収などの意思決定において定性定量両面を踏まえた判断力を養います。更に、資金調達の意思決定を扱うことで異なる立場からの視点を加え、個々の戦略や投資を俯瞰的かつ構造的に分析し意思決定する力を養うことを目的としています。

※オンラインMBAで開講する場合、90分×12回でクラスを実施します(使用教材や授業内容は同一です)。本ページ下部の「セッションA・B」をそれぞれ1回の「Day」と読み替え、全12回のテーマや使用教材をご確認ください。

受講対象者

6回のクラスは、全てディスカッションを主体としたケース・メソッド方式で行い、ファイナンスやアカウンティングの基礎知識は事前に修得している前提で運営されます。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A
テーマ
ファイナンスにおける基礎的概念の確認
ケース

セッション B
テーマ
事業戦略に基づく予測財務諸表の変化および資金調達手段
ケース
マウンテネリアス・スポーツ店

Day2

セッション A
テーマ
キャッシュフローの増分分析と事業採算性の検証(前半)
ケース
ワールプール・ヨーロッパ
セッション B
テーマ
キャッシュフローの増分分析と事業採算性の検証(後半)
ケース
ストライカー・コーポレーション:プリント基板の内製化


Day3

セッション A
テーマ
企業価値評価(バリュエーション)の基本と資金調達(前半)
ケース
インダストリアル・アクセサリーズ社
セッション B
テーマ
企業価値評価(バリュエーション)の基本と資金調達(後半)
ケース
インダストリアル・アクセサリーズ社

Day4

セッション A
テーマ
バリュエーションと投資判断(前半)
ケース
アメリカン・ケミカル・コーポレーション
セッション B
テーマ
バリュエーションと投資判断(後半)
ケース
アメリカン・ケミカル・コーポレーション


Day5

セッション A
テーマ
資金調達が事業戦略に与える影響(負債と株主資本)(前半)
ケース
ハーモニック・ヒアリング社
セッション B
テーマ
資金調達が事業戦略に与える影響(負債と株主資本)(後半)
ケース
ハーモニック・ヒアリング社

Day6

セッション A
テーマ
総合的な事業投資判断(前半)
ケース
モンマス社
セッション B
テーマ
総合的な事業投資判断(後半)
ケース
モンマス社

教科書
ファイナンシャル・マネジメント 改訂3版---企業財務の理論と実践 ロバート C. ヒギンス(著)
グロービス経営大学院(訳)
ダイヤモンド社(出版)
参考書
[新版]グロービスMBAファイナンス グロービス経営大学院(著)
ダイヤモンド社(出版)
電子出版対応
  • 科目概要/各回のテーマ/教科書・参考書
  • 教員紹介
  • カリキュラムの概要
  • クラスへのこだわり
  • カリキュラムマップ
  • 科目詳細

ファイナンスI(事業戦略と企業財務)講座 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネス・リーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。