クリティカル・シンキング講座

クリティカル・シンキング

「クリティカル・シンキング」のページです。 グロービス経営大学院では、「クリティカル・シンキング」をはじめ様々なカリキュラムを提供しております。 グロービスのカリキュラムでは経営能力の体系的な修得のみならず、「創造と変革」を担うビジネスリーダーにふさわしい「人間力」と「志」を育むことに力を入れています。

  • カリキュラムの概要
  • クラスへのこだわり
  • カリキュラムマップ
  • 科目詳細

クリティカル・シンキング 講座詳細

  • 科目概要/各回のテーマ/教科書・参考書
  • 教員紹介
  • 学生の声
基本科目(基礎) 科目領域:思考 選択必修科目 1.5単位 単科生受講対象科目 レポート提出:DAY4 全6回 クラス定員:35名 クラススタイル:ワークショップ

開講スケジュールはこちら科目概要

授業風景(クリティカル・シンキング) この科目は、激変する環境下において、ビジネスパーソンが成果を上げ続けるために身に付けておくべき論理思考力(問題解決力やコミュニケーション力、仮説思考力など)を鍛えることを目的としています。前半の授業では、問題解決を進めるにあたって、考慮すべき論点を漏れなく押さえながら、自分の考えや解決策を導くための思考技術を身につけていきます。また、手元にある、もしくは集めてきた情報から何らかの仮説を立て、仮説の検証を進めながら、成果につながる結論を導くためのスキルも磨いていきます。後半の授業では、自分の意見を説得力を持って周囲に伝え、納得・共感を得た上で、動いてもらうためのコミュニケーション力の強化を狙いとしています。これらの思考技術は、頭で理解することは難しくないのですが、ビジネスで使えるレベルで身に付けるには高いハードルが存在します。「クリティカル・シンキング」では、そのハードルを乗り越えるために必要なポイントに焦点を当てて議論すると同時に、多くの演習を通じて反復トレーニングを行うことで、ビジネスの現場で使えるスキルとして修得することを目標としています。また、この科目は、今後他の科目でのケース(企業事例)学習に必要な考え方を学ぶ点において、初学者に最適な科目となっています。

※オンラインMBAで開講する場合、90分×12回でクラスを実施します(使用教材や授業内容は同一です)。本ページ下部の「セッションA・B」をそれぞれ1回の「Day」と読み替え、全12回のテーマや使用教材をご確認ください。

受講対象者

この科目は、あらゆるビジネスパーソンが仕事を効率的、効果的に進めるために必要不可欠な基礎スキルです。仕事の進め方に限界を感じている方、今以上の成果を出したい方などすべての社会人に受講していただきたい科目です。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A
テーマ
論理的に考えるとは
ケース
オリジナルテキスト
セッション B
テーマ
論理を構築するためのポイント
ケース
オリジナルテキスト

Day2

セッション A
テーマ
枠組みを考える
ケース
オリジナルテキスト
セッション B
テーマ
初期仮説を立てる
ケース
オリジナルテキスト


Day3

セッション A
テーマ
仮説を検証し、進化させる
ケース
オリジナルテキスト
カーブスの新たなチャレンジ
セッション B
テーマ
仮説を検証・進化させ、結論付ける
ケース
オリジナルテキスト

Day4

セッション A
テーマ
課題を特定し、解決する(前半)
ケース
新興メガネ店:Enjoy Glasses社(A)
セッション B
テーマ
課題を特定し、解決する(後半)
ケース
新興メガネ店:Enjoy Glasses社(B)


Day5

セッション A
テーマ
相手に納得してもらう伝え方
ケース
オリジナルテキスト
セッション B
テーマ
コミュニケーションをする際に活用するツール
ケース
オリジナルテキスト

Day6

セッション A
テーマ
総合演習(前半)
ケース
コスモス社:社長への提案(A)
セッション B
テーマ
総合演習(後半)
ケース
コスモス社:社長への提案(B)

教科書
[改訂3版]グロービスMBAクリティカル・シンキング グロービス経営大学院(著)
ダイヤモンド社(出版)
電子出版対応
参考書
指定参考書なし
  • 科目概要/各回のテーマ/教科書・参考書
  • 教員紹介
  • 学生の声
  • カリキュラムの概要
  • クラスへのこだわり
  • カリキュラムマップ
  • 科目詳細

クリティカル・シンキング講座 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、ビジネスリーダーを育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。