ビジネス・プレゼンテーション講座

ビジネス・プレゼンテーション

「ビジネス・プレゼンテーション」のページです。 グロービス経営大学院では、「ビジネス・プレゼンテーション」をはじめ様々なカリキュラムを提供しております。 グロービスのカリキュラムでは経営能力の体系的な修得のみならず、「創造と変革」を担うビジネス・リーダーにふさわしい「人間力」と「志」を育むことに力を入れています。

  • カリキュラムの概要
  • クラスへのこだわり
  • カリキュラムマップ
  • 科目詳細

ビジネス・プレゼンテーション 講座詳細

  • 科目概要/各回のテーマ/教科書・参考書
  • 教員紹介
応用科目 科目領域:思考 1.5単位 単科生受講対象科目 レポート提出:DAY4 全6回 クラス定員:35名 クラススタイル:ワークショップ

開講スケジュールはこちら科目概要

授業風景(ビジネス・プレゼンテーション) 「ビジネス・プレゼンテーション」は、多様な関係者を巻き込み、顧客やパートナーにインパクトを与え、結果を出していくために不可欠なスキルセットを得る科目です。一般にプレゼンの本やセミナーでは、スライドの作り方・見せ方、声の出し方、身振り・手振りなど、一つ一つの要素スキルが紹介されます。この科目はそれらは踏まえつつ「そもそも何のためのプレゼンか?」を考え、「クリティカル・シンキング」の論理思考を土台とし、説得力あるプレゼンを構築・実施する方法を学びます。
毎回、課題について資料作成、プレゼンの実演を行い、
・ そもそもこのプレゼンで何を得たいか?
・ 聴き手はどんな人たちで、どんな関心を持つのか?
・ 伝えるべき内容はどう洗い出し、優先順位付けし、流れにするか?
・ わかりやすくインパクトあるスライドはどう作りこむのか?
などについて学びます。
多様なバックグラウンドの受講生同士での相互フィードバックも、表現手法や業界ごとの特色を学ぶうえで有益な機会です。

※オンラインMBAで開講する場合、90分×12回でクラスを実施します(使用教材や授業内容は同一です)。本ページ下部の「セッションA・B」をそれぞれ1回の「Day」と読み替え、全12回のテーマや使用教材をご確認ください。

受講対象者

社内外で相手に自分の考えや提案を伝えることが多い方、実務でのコミュニケーションに壁を感じている方に最適の科目です。尚、「クリティカル・シンキング」修了もしくは、同等の論理的思考力がある方を前提にクラスは運営されます。

各回のテーマとケース

Day1

セッション A
テーマ
プレゼンテーションの全体像
ケース
オリジナルテキスト
カーコンビニ倶楽部
セッション B
テーマ
メッセージを作成する、メッセージを支えるロジック構築、プレゼンテーション実施のポイント
ケース
オリジナルテキスト

Day2

セッション A
テーマ
聴き手の理解・ストーリーラインの構築(1)(前半)
ケース
オリジナルテキスト
セッション B
テーマ
聴き手の理解・ストーリーラインの構築(1)(後半)
ケース
オリジナルテキスト


Day3

セッション A
テーマ
聴き手の理解・ストーリーラインの構築(2)(前半)
ケース
オリジナルテキスト
セッション B
テーマ
聴き手の理解・ストーリーラインの構築(2)(後半)
ケース
オリジナルテキスト

Day4

セッション A
テーマ
プレゼンテーション全体の構造を作る 「ピザハット株式会社」(前半)
ケース
オリジナルテキスト
ピザハット株式会社
セッション B
テーマ
プレゼンテーション全体の構造を作る 「ピザハット株式会社」(後半)
ケース
オリジナルテキスト
ピザハット株式会社


Day5

セッション A
テーマ
プレゼンテーション資料の作成
ケース
オリジナルテキスト
セッション B
テーマ
プレゼンテーションの実施
ケース
オリジナルテキスト

Day6

セッション A
テーマ
総合演習「ナガホリデンキ」(前半)
ケース
ナガホリデンキ
セッション B
テーマ
総合演習「ナガホリデンキ」(後半)
ケース
ナガホリデンキ

教科書
グロービスMBAで教えている プレゼンの技術 --人を動かす勝利の方程式 グロービス(著)
ダイヤモンド社(出版)
電子書籍あり
参考書
指定参考書なし
  • 科目概要/各回のテーマ/教科書・参考書
  • 教員紹介
  • カリキュラムの概要
  • クラスへのこだわり
  • カリキュラムマップ
  • 科目詳細

ビジネス・プレゼンテーション講座 のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネス・リーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。