大阪校のスタッフブログ

大阪校スタッフブログ
RSS

卒業 ~贈る言葉の持つ力~

2012-03-15

グロービス大阪校の良田です。

3月も半ば、あらゆるところで卒業式が開催されていますね。

私も、これまでに、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学 と、
卒業式を経験してきました。いずれの式でも必ず、先生から言葉が
贈られてましたが、正直、今思い出せるか?というとほとんど記憶に
残っていません。(先生、ごめんなさい)

そんな中で、大学を卒業する際、尊敬する先生から贈られた言葉は、
卒業後十数年経った今でも、自分の記憶の中で色褪せることなく、
残っています。

そして、ちょうどこの時期になると、懐かしい思い出とともに
よみがえり、自分を叱咤してくれます。

 "Go, Go, Go, in Peace. Be strong.
             A mysterious hand will guide you."

今でも思い出すたびに、“Go, Go, Go,”と真剣な眼差しで、力強く、
おっしゃっていた先生の声が、私の背中を押してくれているようで、
このままではダメだ、もっとがんばらなくては・・・と心を奮い立
たせてくれます。

数日前、ある高校の校長先生が、これから巣立つ卒業生への
メッセージに、

 「私たちが生きている今日は、亡くなった方々が生きたかった今日です。」

という言葉を引用されていました。

昨年秋に開催された、社会人都市対抗野球の開会式でJR東北の
主将が選手宣誓で述べた言葉です。私も人づてに聞き、いろいろな
意味で考えさせられた言葉でしたが、

 「感謝し、前向きに、ひとときも無駄にせず、力強く生きて行こう!」

というメッセージが込められていると思います。こちらも、どんな
困難なことがあっても、前を向いて乗り越えて行こう!と背中を押
してくれています。

私にとっても、非常に印象深く心に刻まれている言葉です。

卒業という、ひとつの大きな節目において、かけられる言葉は、
やはり特別なものがあると思いますが、みなさんはいかがでしょうか?

グロービス経営大学院も、今年度最後の学期が間もなく終了し、4月
には多くの卒業生が「創造と変革の志士」として、巣立ってゆかれます。

卒業式は5月、
期待を胸いっぱいに膨らませ、大きな一歩を踏み出そうとしている
卒業生に、どんな言葉が贈られるのか、楽しみに注目してみたいと
思います。

コメントを書く







コメント内容


検索

最新のブログ一覧

過去のブログ一覧