MBAカリキュラム

MBAカリキュラム・教員・学生

MBA(経営大学院)のカリキュラム・教員・学生

1.ビジネスに必要な「ヒト・モノ・カネ」の3領域を学ぶ

MBAのカリキュラムは主に「ヒト、モノ、カネ」の3領域で構成される。ビジネススクールによっては思考力や統計、IT関連の科目を取り入れているところもある。MBAプログラムの前半では各領域の基礎を学び、後半では各領域をさらに専門化させた内容や領域横断的な内容を学ぶ。これらのカリキュラムを通して経営全般の知識を体系的に修得するとともに、応用力と実践力を高めていく。

海外MBAでも国内MBAでも、初年度に各領域の基本を学び、その後さらに高度な内容を学ぶといったカリキュラム体系はほとんど同一であるが、学ぶ内容や、教育方針、授業のスタイルは各ビジネススクールによって様々な特徴がある。

【図3】MBAのカリキュラム体系イメージ

【図3】MBAのカリキュラム体系イメージ:図

2.ケースメソッドやプロジェクトベースラーニングなどの多様な授業スタイル

マネジメントの実践力を身につけることが目的のMBAプログラムでは、「ケースメソッド」「プロジェクト研究」など特徴ある授業スタイルを取り入れているビジネススクールが多い。

ケースメソッド(用語説明参照)は、実践志向のビジネススクールでみられる象徴的な授業スタイルである。実在する企業の事例を物語調にまとめた冊子をケースという。ケースの主人公は、ある経営課題に直面した経営者である場合が多い。学生はクラス前にこのケースを読み込む。そして、自分がケースの主人公(経営者)の立場だったら、状況をどう分析し、どのような戦略を計画し、実行するのかを考え、自分なりの仮説をもった上で授業に参加する。授業では、教員やクラスメイトとお互いの仮説をぶつけあいながら、様々な角度から自らの仮説を検証していく中で、限られた情報から意思決定するための「情報分析力」や「問題解決力」などの思考力を鍛える。質の高いケースメソッドの授業を行うには、学生の十分な予習と、議論を整理し学習ポインに結びつけるファシリテーション能力の高い教員が必要不可欠となる。

このケースメソッドと対照的なのがレクチャー(講義)形式である。従来の日本の大学の講義にみられるように、教員が話す内容を聞いて覚えることで知識をインプットさせるスタイルだ。アカデミック色の強い大学院ではレクチャー形式の比率が高いMBAプログラムもある。この他、グループ単位で演習を繰り返す「グループワーク形式」や、書物から学ぶ「輪講形式」、実際の企業へのコンサルテーションなどの実務を通して学ぶ「プロジェクトベースドラーニング」など、MBAのクラスには、様々なスタイルが取り入れられている。

また、卒業前には、「プロジェクト研究」を課すビジネススクールも多い。プロジェクトの内容はケースライティング、企業研究、ビジネスプラン策定などさまざまであり、実際に企業や経営者を訪問して調査する「フィールドワーク」を伴う場合が多く、よりリアルなマネジメントノウハウを体得する機会を提供している。

●用語説明

【 ケースメソッドとケーススタディ 】

ケーススタディとは、事例研究とも呼ばれ、できるだけ現在の自分が置かれている状況や時代に近い事例を詳細に分析することで、「なぜその企業が成功したのか」という要因分析を行うものである。一方、ケースメソッドとは、ケーススタディで行う事例分析にとどまらず、分析結果を通して、異なる状況や事例においても使えるような、普遍的な学びや気づきを得ることに重点を置いた学習方法である。さらにケースメソッドでは、ケースの主人公の立場で、ビジネス上の課題に対して自分なりの戦略案を立てた後、クラスでその戦略案の整合性や実現可能性について議論することで、意思決定の要点や思考プロセスを学び取っていくという特徴もあり、ハーバード・ビジネススクールなどのトップスクールで広く用いられている教育方法である。

3.「経営知識+実務経験+ファシリテーション能力」が良い教員の条件

MBAなどのプロフェッショナルを育成する大学院では、教員に求められる要件も独特である。体系的な専門知識はもちろん、当該分野の深い知見と実務経験が重要視される。加えて、ケースメソッドのクラスでは、議論をコントロールし学生に学習の要点を理解させる高度なファシリテーション能力が求められる。

国内の多くのビジネススクールでは、従来の大学院の教員に見られるような学識豊かな研究家教員に加えて、ビジネス経験が

豊富な実務家教員の採用を増やすスクールが増えている。しかし、国内ビジネススクールの実務家教員の割合はまだ少ない。実践性を特徴にあげているビジネススクールでも実務家教員の割合は 50%以下であるところが多いが、中には実務家教員が80%を占めるビジネススクールも存在する。

4.海外MBAは20代後半、国内MBAは30代が中心

ビジネススクールには様々な職種や年齢のビジネスパーソンが集う。平均年齢は、海外MBAと国内MBAで若干異なる。海外 MBAの平均年齢は20代後半であるが、国内MBAの平均年齢は30代中盤のスクールが多いといわれている。欧米では大学を卒業して、2~3年社会人として経験をつんだ後、会社を辞めてMBAを取得し、その後転職するというキャリアが多く見られる。

一方、日本ではばらつきはあるものの、10年程度の社会人経験を積む中で、経営を体系的に学ぶことの必要性を実感してMBA取得を目指す方が多い。そのためやや年齢層が高く、30代が中心となっている。

5.実践志向vs研究志向、ジェネラリスト vs スペシャリスト

MBAプログラムの開始から1世紀以上が経過した。もともと経営者を短期間で育成するために始まったMBAプログラムであるが、社会から求められる人材像が多様化し、また多くのビジネススクールが設立される中で、「育てたい人材像」もスクールごとに特徴がでてきている。ビジネススクールの掲げる「育てたい人材像」を比較検討するには、2つの軸でみてみるとわかりやすいだろう。

【図4】MBAプログラムのタイプ

【図4】MBAプログラムのタイプ:図

ひとつは、「ジェネラリスト or スペシャリスト」という軸である。CEOやCOOのように、経営全般を俯瞰して意思決定していくには、幅広い視野と能力をもつジェネラルな能力が求められる。一方で、CFOやCTOなど特定分野の専門性を求められる経営ポジションもある。また投資銀行などは、ファイナンスのプロとしての素地をもつ人材を求めるだろう。こうしたニーズに答えるために、特定分野に力を入れて経営のスペシャリストを輩出することを特徴とするビジネススクールも存在する。

もうひとつは、「実践志向 or 研究志向」という軸である。もともとMBAはビジネスの現場で活躍できる人材を育てることを

目的としているが、実際は経営研究における成果を強く意識している大学院も存在する。 ゆえにMBAプログラムを選ぶ場合は、各スクールの「育てたい人材像」をしっかりと確認する必要がある。各スクールの掲げるメッセージと、実際に提供されているプログラムや授業とが乖離している可能性もあるので、在校生・卒業生の話を聞いたり、オープンキャンパスで行われる体験授業などに積極的に参加したりしながら、各スクールの特徴を自分の目で見極めることが重要となるだろう。

目次に戻る

MBAの取得を目指す人は増加傾向にあり、MBAプログラムを提供するスクールには様々な年齢や職種の学生が在籍しています。平均年齢は、海外MBAの年齢は平均20代後半、国内MBAの年齢は平均30代中盤の学校が多い傾向です。欧米での典型的な進学パターンとしては、大学を卒業し、数年社会人として経験をつんだ後、MBAを取得して転職する、という若手のキャリアアップ志向のケースが多く見られます。一方、日本人においては10年以上の社会人経験を積む中で学ぶ必要性を感じ、MBAを30代で取得する方が比較的多いのです。もちろんMBAを40代で取得される方もいらっしゃいますし、年齢にとらわれず、MBAを50代から目指すという方も珍しくはありません。ビジネスの世界で生きる社会人にとって経営を体系的に学ぶことは、何歳からでも時期が遅いということはないのではないでしょうか。

MBAカリキュラム のページ。グロービス経営大学院は東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインで、「ビジネス・リーダー」を育成するための実践的なMBA(経営学修士)プログラムを提供する専門職大学院です。